高収入の風俗の求人を探す方法を知るサイト

>

風俗の高収入求人を探すコツを知るサイト

風俗を囲む法律

まず「風俗」と一言で言っても、みなさんがイメージする性的なサービスを施す産業は多様に存在し、それらは、風俗営業法という法律においては「風俗営業」と「性風俗関連特殊営業」に大別されます。
「風俗営業」とは、キャバクラやホストクラブ、パチンコのことであり、未成年の入場を規制する店舗が該当し、性的サービスのお店ではありません。
もう一つの「性風俗関連特殊営業」が、所謂皆さんが想像する風俗にあたります。
浴場業(ソープランド)、ヘルス、ラブホテル、アダルトグッズショップ、アダルトグッズの通信販売などが含まれています。
非合法な組織(ヤクザなど)の資金源として悪用される可能性が常にあるので、無許可で運営する事はできません。
各都道府県の「公安委員会」に営業許可を出し、受理されてから営業できます。

性風俗の種類

さて、性風俗には、先に挙げたような、様々な種類のサービスが存在します。
まず「ヘルス」というものがありますが、これは性交(本番行為)以外の様々な性的サービスを提供するスタイルのことで、後に挙げるソープランドよりは肉体的負担が少ないですが、一般に想像されるよりも貰える給与が少ないという短所があります。
相手の自宅やホテルなどで提供する派遣型と、店舗型の2種類があります。
そして「ソープランド」ですが、これはいわゆる本番行為(性交)込みのサービスとなります。
ただ、日本では売春が禁じられているので法律的には「特殊浴場」として扱われ、法律の解釈の幅を活かして、暗黙の了解で本番をサービスに含めています。
風俗の王様と呼ばれるだけあって、平均的な賃金も高めで、中には一般年収を半年で稼いでしまう人もいますが、本番行為であり、本質的に肉体労働なので負担が大きく、長続きするのが難しいと言う面もあります。


この記事をシェアする